sasanuko's guchiring room (ΦωΦ)ノ

グチリストです。日常の愚痴を毒多めに書きます。旅行記も書いちゃう。

朝ドラのナレに想う

 NHKの次の朝ドラ「カムカムエブリバディ」のナレーションを、城田優さんが担当されると発表されました。

 

 私、個人的には城田優さん、大好きです。声も良い。歌も良い。芝居も良い(見た目のオーラがデカ過ぎて、オーラ消すのなかなか大変そうだけど、その分ミュージカルとか最高)。踊りもまぁまぁ。根がすごく明るいし。インタビュー記事とか読むと、こっちも明るい気持ちになれる。それに、舞台演出も手がけていて、それに関してはすごく謙虚でプロ意識が高くて、そこがかなり好きです。

 あんなに「すごく良かった~!!」って言ってたのに、もう演題名忘れてしまったけど(歳だなぁ…)、今年の初夏に渋谷でやった、米倉涼子との舞台も最高に良かった!! 本当はシカゴとか、もっとちゃんとやりたかったけど、コロナ禍で色々あって、でも逆にこういう形ならっていって、ブロードウェイミュージカルの有名どころのナンバーを、歌と踊りでぎゅぎゅっとパッケージしてお届けします、という舞台。大澄賢也森崎ウィンも出てて、本当にハイレベルな舞台だった。それの演出が城田優で、もちろん出演もしてたけど、挨拶でしきりと「こういう時だからこそ、エンタメをお届けするプロとして~」みたいな話を繰り返ししてた。こういう時だからって腐ったり、技芸を磨くのを怠ったり、時世のせいにして最高を魅せられないと言い訳するのは嫌だから、というニュアンスが込められていて、城田優の誠実さを垣間見た気がした。

 ついでに言うと、やっぱりね、ミュージカルの「エリザベート」(ミュファンになったのにわかで、ホンモノまだ見れてない)のトート役が、本当に良いんですよ。私、井上芳雄さんの大ファンだけど、トートはきっと城田優の方がいいんだろうな~とは思う。動画とか見てるとね、あの低音とかね、凄くいいな~と思う。何にしろ、早くエリザの再演決定してよ~!!(もう城田優は出ないけどさ。でも芳雄様の見たい!!)

 

 つまり、城田優、すごく好きって言いたい。でも。というか、だから。

 

 NHKの朝ドラとか大河とかって、歌手でいったら紅白みたいな、やっぱり肩書に通じるっていうか、「格」とか、質を保証するみたいな、何か特別感があると思うんですよ。

 しかも、次の「カムカムエブリバディ」は女三代の話で、主役が3人、次々に変わって行く(上白石萌音深津絵里→川栄季奈)。だから、余計にナレーターが影の主役的になってしまう可能性大なんですよ。

 これを、城田優さんに決めるのには、それなりに理由が要ると思うんです。

 なぜなら、彼は日本人でないから。色んな事情があって日本国籍じゃないけど日本に住んでいらっしゃる方が大勢居るのは存じています。でも、城田優さんは自分で日本国籍を捨ててスペイン国籍を選んだ人です。もちろん、彼なりに色んな事情があったと思うし、彼がスペイン国籍を選んだこと自体を非難するつもりは全くない。あの容姿(ハーフ顔)のせいで、日本でもいじめられたと聞いたことがあります。確か、2~7歳位はスペインに住んでて、日本に戻ってからの話。小学生時代だったと思うけど。両国を比べて、スペイン国籍を選んだとして、別に私は責める気は毛頭ない。日本に住み続けていることも、日本で芸能活動していることも、別に責めるつもりはない。むしろ、日本に居てくれて、素晴らしい世界を魅せてくれて、ありがとうね、位に思っている。

 

 でも。だから。余計に。

 

 民放じゃないんだよ。NHKの、しかも朝ドラのナレーション。やっぱり、紅白もそうだけど、朝ドラと大河の主役やナレーターは、なぜその人を選んだのか、理由が要るんだよ。しかも、日本人じゃない人を使うなら余計に。と、私は思ってしまうんですが。

 NHKの製作統括さんが発表した起用理由は「日本語でも英語でも、時にわかりやすく情報を伝え、時にヒロインに寄り添って心情を伝えられるような表現力を持つ方」「個人的な話で恐縮ですが、舞台が大好きで、城田さんのパフォーマンスを幾度となく拝見していました。城田さんなら『カムカムエヴリバディ』の世界を声ですてきに表現してくれるに違いないと思いました」だそうです。

 う~ん、弱い!!

 ちなみに、上白石萌音も川栄季奈も、オーディションで決まったそうな。え、この2人こそ、今なら朝ドラ主役でも誰も文句言わないよね? 城田優についても、オーディションで決まった、と言われたら納得する。NHKの番組のナレーションを何人か聞き比べてみたけど(特に英語の発音)、やっぱり城田優が一番だった、とかでもまだ納得する。

 そもそも「カムカムエブリバディ」、ラジオ英語講座を軸にした話で、それを始めた人は戦前にアメリカに渡って(しかもお父さんを探しに行って、お父さんだけ帰して自分は残った)、10代後半なのにアメリカの小学校から通って飛び級しながら大学まで行って、戦争で帰国して、GHQの手伝いとかさせられたせいで職を失って、ひょんなことで英語講座を始めることになったっていう人。確かさだまさしがその人を演じる。だから、日本国籍じゃなくても、米国籍の人がナレーターするなら、それはそれで説得力があったと思う。

 城田優は英語は1から勉強して習得した人で、ネイティブでもない。もちろん、バリバリ日本人が日本に居ながら英語を学んだのとは違って、スペイン語は話せたしスペインに住んでもいたから、英語に触れる機会も多かっただろうし、英語も習得しやすかったと思う。発音も確かに良い。

 これが、それこそスペインとの関係を基にした話、とかなら、当然適役!!って思う。

 いや、確かに城田優はいいよ? 声もいいし英語の発音もいいよ? 演技も良いから心情込めたナレーションも良いと思うよ? でも、城田優じゃなきゃダメな理由って何? 他にもいるよね、できる人? NHKの、しかも天下の朝ドラですよ、出たい人・やりたい人は山のようにいるワケでしょ。例えば鈴木亮平だっていい。彼、東京外国語大学の英語学科卒ですからね。その辺の「ちょっと英語喋れます」レベルでなく、プロとして英語喋れる人(それも国際会議とかトップレベルの通訳ができるような)だよ。それをさも、ハーフタレントの中から選びました的なさ。じゃぁウェンツでもいいじゃん(いや、今思い付いたのがウェンツってだけで、やっぱりウェンツよりは城田優の方が良いな)。

 

 さて。問題はもう一つありまして。私は上記のように思ってしまったので、某ヤ○ーでニュースを見た時、コメント欄にそういう主旨のことを書いたんです。そしたら、間もなくコメントが付きました、と通知があり、それを見ようとしたら見れない。へ?! と思って、元のニュースのページに飛んでみたら、私のコメントはおろか、他にも国籍のことを書いていたコメントが全て消されていました。

 え? なぜ? そんなに国籍のこと言ったらダメなの?

 いや、だから、普段は私も国籍のこと、そんなに言わないよ。色んな事情があるんだなってお察しするだけで。でもNHKの(以下略)だよ?! しかも、だから、もう少し説得力ある起用理由を伝えて欲しかったってだけで。

 

 そんなこんなで、モヤモヤしまくったナレーター決定の話でした。

 あ、でも脚本は藤本有紀さん!! 私、もともと大河ドラマ平清盛」の大ファンだったんですよ。あんなにハマった大河なかったな~。ある意味大河らしくない大河だった。心理描写が濃くて、ちゃんと集中して続けて見ないと理解できないから、今のドキドキワクワク大河とは一線を画してて視聴率は伸びなかったけど、コア層は熱かったし、後から評価が上がったとも言われてる。新年から「鎌倉殿」も始まるから、その1つ前の時代としても、見ておくと良いよっておススメしたい。

 

11/4追記:

本日、ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」の再々演を、城田優でやることが発表されました。小池徹平君はそのまま、三浦春馬君の役を城田優がやるというもの。正直なところ、これこそ、実力の意味でも、春馬君との関係性という意味でも、城田優しかおらんやろ、と私は思っていたし、そう思ってた人も多かったと思われるのに、主催側のきめ細かいアナウンス文が出されました。オーディションやって、アメリカのスタッフもオーディションムービー見て、城田優で行きましょうって言ってくれて、それで決まったと。そもそも城田優がオーディションに「参加してくれた」と。そういうワケで、新メンバーも加えて心を込めて作りますので是非見にいらしてください、と。

こんなん見ちゃうとね、余計に、NHK城田優への配慮足りなさ過ぎ、と思ってしまいました。