sasanuko's guchiring room (ΦωΦ)ノ

グチリストです。日常の愚痴を毒多めに書きます。旅行記も書いちゃう。

2021初冬の出雲⛩の旅

f:id:puminuko:20220117220354j:plain

出雲大社楽殿(大注連縄で有名)

12月後半から大真面目に仕事が忙しくなっていて、でも旅行に出られるのはきっと年内だろうと思って無理してでも行ってたんですよね。その分、年明けからの予定は白紙にしといて。そしたら案の定、年明けから感染また増えて来たので、旅行は控えています。またマンボウ🐟出そうだし。

というワケで、まだ書けてなかった年末の旅行をそろそろまとめないと、忘れてしまいそう…💦

まずは出雲の旅!! 当然の如く? サンライズ出雲が満席で取れなくて、余ってたマイル使って飛行機で行って来ました✈

今回のメインは何と言っても一畑電鉄です!! 出雲と松江を結ぶ、宍道湖の北側を走るローカル線。2010年、中井貴一主演で「RILWAYS」という映画にもなってます。

本当は、松江城の堀川巡り(お舟でのんびりとお濠を回る)を体験してみたかったのですが、天気が悪くて断念。結局いつもと同じ出雲旅になりました。が、ウチら、この定番旅を時々凄くしたくなるもので。久々に行って来ました。

f:id:puminuko:20220117214904p:plain

一畑電鉄の路線図一畑電車 路線図 (k-miyata.com)

 

07:10羽田空港→08:35出雲空港 飛行機(出雲空港は基本、JAL便のみです)

今回は穴守稲荷のホテルがどこも取れなくて、仕方なく羽田第3ターミナルの、本来はハイクラスなホテルがめっちゃお安くなってたので前泊。それにしても、前夜のうちに、第3→第1ターミナル行きの連絡バスの時刻調べておいて、それに合わせてバス停に行ったのに!! その日から時刻表改訂とかいって、間引きされてんの!! もう、めっちゃガックシ…orz 仕方なく京急で行ったんですけど、第3ターミナルの京急乗り場って、仕方ないんでしょうけど、蒲田・品川方面行きは目立つ所にあって、第1・2ターミナル行き(終点の羽田空港)は地下の目立たない入口なのね…。知らんかったわ…💧

空港には朝早いにも関わらず、そこそこ人が居て、皆、今のうちに!!って旅行に出てるんだな~という熱気を感じました。その代わりというか、旅慣れてない人達も沢山いて、スタッフさん達も大変そうでしたけど。案の定、出発時刻は全体的にズレズレ。

天気もかなり悪いことが想定されていましたが、往路はまだ雲の切れ間から、諏訪湖とか若狭湾とか美保関(境港の先)も見えました。が、そこから降下し出して宍道湖上空に来た時にはもう、厚い雲の下は吹雪!! そして、さらに着陸時間がズレる。でも、あの吹雪の中、すっごい水平を保ってくれてて、パイロット相当上手い人なんだなと感心。

いや~、空港から直接出雲大社に行くバスもあったんですけど、うわマジで雪だ!!という変なテンションですっかり忘れてしまって、つい出雲市駅行きのバス券を買ってしまい、一畑交通のリムジンバスに乗ってそのまま出雲市駅へ。大体30分位で着きます。

そしたら、JRの高架下のショッピングモール内に、10時開店だって書いてあんのに、9:45の時点でもう店開けてる蕎麦屋がありまして。入って良いか聞いたら、どうぞって笑顔で言われるし。丁度お腹も空いてたので、朝食としていきなり出雲蕎麦を!!

f:id:puminuko:20220117223101j:plain

左から、あご野焼き、ウィスキー「山陰」ハイボール、割り子蕎麦

いや~もう、朝からハイボール2杯も飲んじゃいましたよ。あご野焼きは言わずと知れた山陰の肴、あごのちくわですね。醤油はちょっと甘かったような…。割り子蕎麦は出雲では一般的な食べ方。三段が一番ポピュラーかな。五段も見たことあるけど。葱、海苔、鰹節、もみじおろし等の薬味が右の器に入って来て、好みでつゆをかけながら食べます。蕎麦を食べ終わった後の残ったつゆ(薬味入り)をそのまま2段目の蕎麦にかけ、お好みで薬味とつゆを足して…というもの。駅蕎麦にしてはハイクオリティーでした!! 山陰というウィスキーも相当な美味さ!! すっかりイイ気分に!!

ツレがこの吹雪の中、傘を持って来ていないというので、駅のコンビニで調達。やっぱり北海道のような渇いた雪ではないので、傘は必須でしたね。防寒はちゃんとして来てくれたのに。

 

出雲市→川跡→出雲大社前 一畑電鉄

早速一畑電鉄に乗って出雲大社へ。以前は川跡乗り換えが多かった記憶ですが、今回は直通がかなり多い印象でした。しまねっこが乗ってる電車でしたよ!!

f:id:puminuko:20220117224230p:plain

出雲のゆるキャラしまねっこ

 

出雲大社参拝

言わずと知れた国造り伝説の地。日本神話の里。ちなみに10月を神無月と言うのは、10月は日本全国の神様が出雲に集まってしまうから、だそう。そういうワケで出雲だけは10月を「神在月(かみありづき)」と言うそうです。で、集まって何してるかって、神様同士で、「ウチの○○ちゃん(人間)に、いい嫁はいないかね」「じゃぁウチの◇◇ちゃん(人間)を巡り逢わせましょう」という、縁結び会議をしているから。恋愛や結婚に限らず、仕事とかも全て含めて。

ちなみに、某「水曜どうでしょう」という番組の初期に出雲大社に来た大泉さんは、神様達が会議するお社を「ロイトン・イズモタイシャ」って呼んでましたね。当時、ロイトン札幌が、豪華な国際会議場が札幌にもできたんだね、という感じで有名になった所だったので。

f:id:puminuko:20220117225533j:plain

入口。ブラタモリでもやってましたが、昔は砂丘で、ここが馬の背(丘の頂上)。

f:id:puminuko:20220117230019j:plain

本殿手前の遥拝所。下の赤い円は、昔の柱跡(実際に発掘された)。

f:id:puminuko:20220117230154p:plain

こうして随所に「因幡の白兎」が居ます

f:id:puminuko:20220117230558j:plain

入口の鳥居を境内側から見る。向こうに一の鳥居が見えます。

そう、なので、入口のは二の鳥居なんだと思います。一の鳥居は、元国鉄大社駅のそばにあります。晴れてたらいつも、国鉄大社駅にも寄るんですけどね。レトロな良いカンジの駅舎が保存されています。

出雲砂屋(十割蕎麦専門店)で昼食

マジでおススメです!! 

参道の脇にある、2階建ての小さな建物の2階で、階段にいつも行列できてますが、20分以上待ったことはありません。2人だったら、並ぶの交代にして、蕎麦屋の向かいにある御朱印帳屋さんを見るのをおススメします。可愛い御朱印が沢山取り揃えられていて、御朱印がべらべら開かないように留めるお洒落な水引風のゴムとかあって、可愛いです。

ちゃんと割り子とかもあるんですけど、蕎麦がとっても美味しいので、普通に冷やかけっぽいのをおススメします。本当はざる蕎麦が一番良いのですが、出雲だから?なのか、無い…。私はなぜかいつも、梅おろし蕎麦にしてしまいます。今回は雪で寒かったせいもあり、焼酎蕎麦湯割りを…。蕎麦焼酎がなくて、芋焼酎になりましたが。ツレは出雲地方の日本酒を。アテとして頼んだ薬味豆腐も美味~💕でした!! 甘味もちょっとだけ付いて来ます。

f:id:puminuko:20220117231432p:plain

f:id:puminuko:20220117231530p:plain

この後、あまりに寒くて、しかも朝から飲酒したせいかコーヒー飲みたくなって、近くの喫茶店で珈琲いただきました。これがまたレトロな雰囲気の良い喫茶店でした。珈琲も薫り高かった。

 

出雲大社前→松江しんじ湖温泉 一畑電鉄

寒いから、もうとっととホテル行って温泉入ろうってんで、一畑電車をいきなり全制覇。晴れてたら、出雲大社の隣にある、古代史博物館とかも楽しいです。私は詳しくないですが、シャーマンキングの主人公の実家のモデルだったりします。後は、竹内まりやさんのご実家の旅館が参道にあったり。バス使って稲佐の浜や日御碕神社に行っても良いですし、島根ワインも良いです。

ちなみに、国造り神話にご興味ある方は、レンタカーをおススメします。数年前に3日かけて回ったことがあります。須佐神社(言わずと知れた素戔嗚尊(スサノオノミコト)を祀る、歴史の古い神社)とか、八重垣神社とか、沢山あります。個人的なおススメは黄泉比良坂(よもつひらさか)。イザナギが、死者の国(黄泉)にイザナミを迎えに行ったという神話の場所。何てことない田舎の坂道ですが、それがむしろイイ感じ。いわゆるパワスポです。

ばたでん終点の松江しんじ湖温泉駅は、目の前に足湯があります。あと、駅の売店で、ばたでんグッズが買えます。マスキングテープとか、結構可愛い。JR松江駅までは頻繁にバスが出ています。松江駅まで線路が延びてれば、もっと集客見込めたのでは?と思いますが、繋がってないのがまた良い、と言う人も。

 

宿泊:ホテル一畑

一畑電鉄の応援も兼ねた旅行なので、ホテルも一畑に。

松江しんじ湖温泉駅周辺には、ビジネスホテルだけどしっかり温泉も入れて湖の景色も見れて食事もそこそこ美味しいリーズナブルな所もあるし、それなりに高級感溢れる湯宿もあります。大体どこも満足度高いですね。松江市街に行けばそれこそ色々あるけど、やっぱり湖見たいじゃないですか。宍道湖の対岸には玉造温泉もありますが、超高級だし、ウチらはいつも"ばたでん"利用なので、行ったことない…。出雲市駅前には、ドーミーとか諸々あります。それこそ一畑のビジネスホテルもあります。が、やはり湖見れない…。あ、でも出雲大社周辺には、川沿いの良いホテルがそこそこあります。ちょっと高級ですが。

今回泊まったホテル一畑は、色々中途半端な感じ。高級感溢れる…と見せかけて、食事はバイキングだったし、サービスも微妙。まぁ、コロナで色々大変なんでしょう、とお察しする感じ。お風呂も悪くはないです。上階にあるので、外から覗かれないようにする対策で仕方ないんでしょうが、露天があまり露天じゃなかったけど。取り敢えず肌つるつるになります。諸々すごく良いとは言わないけど、悪くはない。取り敢えず景色は良かったです。天気悪くて残念でしたが。

あ、でも、しじみ汁は絶品だった。

f:id:puminuko:20220117234651j:plain

部屋から見る宍道湖。左側が松江市街。

 

翌朝。

松江しんじ湖温泉松江フォーゲルパーク 一畑電鉄

そうなんです、掛川花鳥園好きなので、旧加茂グループの施設は概ね制覇してるんですよ。松江フォーゲルパークは、もともと地元自治体が加茂グループに働きかけて、誘致ではなく合同で作った施設のようですが、加茂グループが倒産したので、今は独自に頑張って運営してます。

多分、地元自治体側が頑張っちゃったのが、長いエスカレーターと展望台。確かに宍道湖を見渡せるし、晴れてれば大山(だいせん)も見れて、地元の方々からするとこれぞ売り!!って思ったんでしょうが、きっと加茂グループ側は、その設備費に反対したんだろうな、と容易に想像がつく感じ。

でも、ここで出されている出雲蕎麦は、当初毎日掛川にも送られてて、以前は掛川で出雲蕎麦が食べられたんですよね。かなり美味しいです。一時ここでの提供すら止めてしまっていて、大真面目に経営大丈夫か心配したんですけど。復活して、今回できれば食べたかったんですが、何せ朝食のバイキングで力いっぱい食べてしまったもので…。

あと、今回経営的に大分復活した印象を持ったのが、入口の建物が新しくなってた事!! あと、餌やりコーナー。飼育員さんの1人がエラく熱心に手懐けて、良い子ちゃん達に躾け直したみたいです。写真に上手く撮れなかったけど、沢山寄って来てくれました。これなら皆、餌あげたくなるよね、って感じ。

f:id:puminuko:20220117235608j:plain

入口入ってすぐの広場

f:id:puminuko:20220117235804j:plain

晴れてれば正面に大山が見えるハズの展望台

f:id:puminuko:20220117235858j:plain

すっかり有名になっちゃったハシビロコウ

f:id:puminuko:20220117235943p:plain

鯉もいます。めっちゃ餌に寄って来てくれる。

f:id:puminuko:20220118000031p:plain

f:id:puminuko:20220118000259j:plain

餌やりできます(いつも餌を大人買いして、ずっと遊んでしまう…💦)

ちなみに鳥飼いとしてのアドバイスですが、鳥って、高い所に居る方が「偉い」らしいのです。なので、人間の目より鳥の目が上にならないようにした方が、言うこと聞いてくれます。あと、好き勝手する子には、もう餌はあげないこと。悪さ(例えば餌皿を強引に奪ったり、人間を強く噛んだり)しても餌をもらえるって思うと、益々増長しちゃって、そういう子はいずれ人前に出せなくなってしまいます。悪さされたら足元払って、一旦サヨウナラする。そうすると多少反省して、次寄って来る時は大人しくなってます。

 

松江フォーゲルパーク湖遊館新駅 一畑電鉄

少し晴れて来て、車窓が良いカンジになって来ました。これが「ばたでん」の一番の魅力!!

f:id:puminuko:20220118094325p:plain

一畑電車から見る宍道湖。対岸は玉造温泉

 

ゴビウス(島根県立宍道湖自然館)

湖遊館新駅から徒歩10分位。いや~めっちゃ寒かったです。風が強くて。

ウチら、熱帯魚とか、海水魚の大型回遊水槽とかよりも、淡水魚好き、なんですよね。淡水魚に関して言えば、琵琶湖博物館山梨県立富士湧水の里水族館とここゴビウスが日本三大水族館だと、個人的には思っています。いずれも、レッドデータに挙がるような日本原産の淡水魚の保護活動も担っています。山梨同様、建物脇にビオトープ作っていて、天気が良ければそれ眺めるのもなかなか良いです。ゴビウスの隣には、宍道湖を屋内から一望できる施設もあって、バードウォッチングもできるようになっています。学芸員さんの解説付きで、魚を獲って食べてる猛禽類とか見れます。あと、水産センターとかもあります。宍道湖にまつわる、そういう意味での学究的施設を集めたんでしょうね。県立でちゃんとやってるところが偉い、と思う。

展示もなかなか工夫を凝らしていて、かなり楽しめます。今回はたまたま、大型水槽での餌やり解説を見聞きすることができました。上流にいるヤマメとかは、餌に対する反応がやたら素早い、普段から急流に逆らって泳いでるから推進力が凄い、という話。中流域にいるオイカワやモツゴ、タナゴなんかとは動きが大違いでした。面白かった。あ、サンショウウオさんも居ますよ~。

f:id:puminuko:20220118100125p:plain

中央にいるのがオイカワ。季節柄、あまり婚姻色出ていません。

f:id:puminuko:20220118100219p:plain

餌やり解説。ヤマメメインの上流域水槽。この左側にオオサンショウウオが居ます。

 

湖遊館新駅→川跡→出雲市 一畑電鉄

たまたま観光用列車が来て、それが途中で車庫入りするので乗り換え、川跡でも乗り換え、という感じで、個性的な電車に乗れました。次はお弁当食べながらのんびり湖景を満喫するイベントに参加したいです。

f:id:puminuko:20220118122048j:plain

f:id:puminuko:20220118122255j:plain

 

出雲市駅→出雲空港 一畑バス

少し早めに空港へ。日曜夜は案の定、道路もそこそこ混んでいて、予定の30分を少し超える時間かかりました。空港に出雲蕎麦のお店が2つありまして、何と出雲駅にある蕎麦屋2つとそれぞれ同じグループ店。なので、前日朝入ったのとは別の系列店の方に入ってみました。なかなか美味!! ついでに、蕎麦焼酎蕎麦湯割りを計2杯、蕎麦サラダ(揚げ蕎麦入り)、のどぐろ唐揚げもいただきました!!

ちなみに。出雲地方だけなのかしら? 「釜揚げ蕎麦」というものがあります。大き目の丼に、熱い湯に浸かった蕎麦が入って来るワケですが。釜揚げうどんだと、蕎麦猪口があって、そっちにつゆを入れて、うどんを湯から上げて蕎麦猪口のつゆに付けて食べますよね? 出雲の釜揚げ蕎麦は、蕎麦猪口が付いて来ない。つまり、蕎麦湯ごと入っている丼につゆと薬味を入れて食べるんです…💧 私、これが全く納得行きませんで。湯から引き上げて、冷たいつゆに付けて、キュッと引き締まったうどんを食べるのが釜揚げうどんの醍醐味じゃないですか。出雲の釜揚げ蕎麦だと、湯に浸かってる限りどんどんコシを失くして行く蕎麦に、そのままつゆかけて…風味もコシもなくなっちゃう。この食べ方自体にも驚きでしたが、どの蕎麦屋でも意外なほど釜揚げ蕎麦を注文している人が居て、それにも驚きでした。

f:id:puminuko:20220118122635p:plain

空港での〆の割り子蕎麦

 

19:10出雲空港→20:30羽田空港 飛行機

外はもう真っ暗で、そこそこ雲もあったので、そんなに楽しめないフライトでしたが、あまり揺れなかったので良しとします。やっぱり出発は少し遅れました。乗客いっぱいいました。このまま航空業界も盛り返してくれると良いなぁ、と思ったのでした。

あ、そうそう、忘れないように、島根の吉田君です。鷹の爪団。島根なんですよね。しまねっこと並んで、あちこちに居ました。